ヤングリタイアへの道

経済的自由人を目指すサラリーマン大家の孤軍奮闘記

異動の季節

いよいよ今日で2月も終わりですね。

あれだけ寒かった冬が過ぎ、春を迎えます。

 

この時期になると、就職のために上京して右も左もわからなかった、十数年前を思い出します。

社会人になって何年かは、「ちょっと遠くに来すぎたな」とか、「自分の選んだ道は正しかったのだろうか」なんて事をしょっちゅう考えてました。

 

でも、この場所にいなかったら、もしかしたら不動産投資に出会ってなかったかもしれないし、今は「これで良かったのかな」という気持ちが大きいです。

 

さて、3月は出会いと別れの季節ということで、僕が勤めている会社では4月1日付けの辞令が発表されました。

 

当たり前かも知れませんが、優秀な人はどんどん出世していきます。

一緒に働けたのが誇らしいぐらいに。

 

そのような優秀な人は、会社の為に熱意を注げばいい。

でも自分はちょっと違いますよと。

 

ふと、そんな事を思った一日でした。