ヤングリタイアへの道

経済的自由人を目指すサラリーマン大家の孤軍奮闘記

満室経営への道 その2

f:id:yanguritaia:20201224104323j:image

桃太郎大家です。

前回の記事では、空室対策をしてもなかなか満室にならない所有物件について書きました。

 

この物件の管理会社は前オーナーから引き継いだもので、まさに「地場の不動産屋」という言葉がピッタリの会社でした。
これは当時の担当者さんと話した中でも感じたことですが、このタイプの不動産屋さんは地主を相手にする機会が多いのではないかと思われます。

 

何となく想像できる特徴としては、昔からの付き合いを大切にする傾向があり、保守的。

担当者さんは私のような弱小大家に対しても、とても優しく接してくれたのですが、こちらからの提案ばかりでどこか物足りない。。
 
そこで、次なる管理会社はとある大手FCの看板を背負った会社にすることにしました。
さすが大手だけあって、ホームページから既に「ガツガツ感」が伝わってきます。
私の物件の近隣エリアにも続々と新規店舗を展開しているようで、勢いもありなかなか良さそうです。


早速その会社に電話してみましたが、対応してくれた店長も物分かりが良くやり手の印象を受けました。
本当なら対面してご挨拶から始めるべきなんでしょうが、今回はそれもすっ飛ばして電話で話したその日のうちに管理会社切替をご依頼しました。
 
その会社からは、「近隣の同じような物件もすぐに決まったので、こちらの物件もすぐに満室になりますよ」といった言葉を頂きました。
ただ、そのためにはペット可にする必要があるとのことでした。
私も初めてのことなので、ペットといっても「どの動物を何匹まで可にするか」等の条件について少し悩みましたが、近隣の過去事例を丁寧に教えて頂いたのですぐに解決しました。
 
そして、管理会社切替から2ヵ月で、ついに満室になりました。
個人的に一番良かったと思える点は、繁忙期でなくとも2部屋共入居がついたという点です。

また、エリアによってどのような管理会社を選定すべきかという点でも、大いに勉強になりました。


私が尊敬している人の言葉に「どんな物件でも、必ず空室は埋まる」というものがあります。

長期間空室が続くと、自分の運営能力だけでなくその物件自体に対しても自信を無くしがちですが、そのような時こそ強い気持ちをもって賃貸経営を行っていきたいものです。