ヤングリタイアへの道

経済的自由人を目指すサラリーマン大家の孤軍奮闘記

不用品販売でのトラブル その2

桃太郎大家です。

前回の記事では、サーフボードをメルカリで出品する際にハードケースが必要なことを知らなくて、ゴタゴタした話を書きました。

 

www.yanguritaia.net

 

今回はその続きを。

ヤマト運輸は無事に集荷してくれるのか?

ネットで調べると、「いざ自宅に来てもハードケースじゃない為ダメと言われ、結局集荷してくれなかった」なんて恐ろしいことも書いてある。

こんなの、最強の時間の無駄じゃないか。。

何が嫌かって、購入者を待たせているのが一番イヤなんですよね。

 

・・と不安で仕方なかったのですが、意外にすんなりと集荷してくれました。

本当にこのソフトケースで大丈夫なのか、集荷に来た配達員に聞いてみたのですが、「ケースに入っていれば大丈夫ですよ。実は私もシステムがよくわかっていないんです(笑)」

 

との回答。w

まぁ持って行ってくれるんなら、それでいいや。。

 

そして、購入者が希望した配達希望日を迎えた訳ですが、いつまで経っても取引の評価がされず。

おかしいな、まさか配送中にトラブルが・・?

なんてことを考えてると、購入者からメッセージが。

「ボードの一部が破損しています」

マジか。。

 

その後、手元にあった時点ではそのような破損は無かったことを伝えると、購入者の方からメルカリ事務局へ問い合わせて頂くことに。

メルカリの方で経緯を確認した結果、以下の運びとなりました。

 

・今回の取引はキャンセルとなり、商品代金は購入者へ返金

・販売利益は出品者(僕)の売上金へ反映

・商品については、配送会社もしくは購入者の方で破棄

 

結局、購入者にとってはただの時間の無駄となり、僕にとってはハッキリ言って邪魔だったボードがなくなり、結果オーライということになりました。

肝心のサーフボードは誰の元へも行かず、幻となって消えてしまいましたが。。

 

今回、このような事が起きてしまった原因としては、出品する前にルール(サーフボード出品の際はハードケースが必要)を把握していなかった僕が当然一番悪いです。

しかし、そのルールについても非常に見つけにくい箇所に記載してあるのも事実。

 

ヤマト運輸も、ダメならダメときちんと言って欲しかったな。

あと気になるのは、荷物の配送というのはそんなに破損の確立が高いやり方で行っているのでしょうか。

まさか、あのケースのままトラックにポンッと積んでる訳じゃないよな・・

 

・・と御託を並べてみましたが、恐らく今後はメルカリで大型商品や特殊なものを売買することはないでしょう。

そのような商品は、そもそもフリマアプリで売るべきものではないのかもしれないので、【ECOクリーン】 のような不用品回収業者に依頼するのが一番良いかもですね。