ヤングリタイアへの道

経済的自由人を目指す、しがないサラリーマン大家の孤軍奮闘記

立ち退き交渉

桃太郎大家です。

そういえば、続きを書いてなかった話がありましたので、今回はそちらについて。

引っ越したい - ヤングリタイアへの道

内容証明 - ヤングリタイアへの道

にある、戸建の話です。

 

私から入居者のSさん家族に向けて郵送した内容証明には、以下のような記載がありました。

 

「私は貴殿に対し、平成26年12月17日より神奈川県横浜市◯◯◯◯◯◯貸家を賃貸してまいりましたが、賃貸借契約は平成30年12月16日をもって期間満了となります。

上記建物を自己の住居として使用する為、賃貸借契約を更新いたしませんので、ここに通知致します。賃貸借契約期間が終了になり次第、上記建物を明け渡して下さいますようお願い致します。」

 

なお、この文章は管理会社が作成してくれました。

 

賃貸借契約期間満了まで間近となった10月のある日私は、管理会社からの勧めで入居者のSさんと直接電話で話をしていました。

このような時は、大家さんからも退去のお願いをした方が効果があると。

 

電話では、入居者のSさんが入居時にエアコンを数台取り付けたので、それを買い取ってくれるなら退去の方は前向きに考えると言っていたので、出費が増えるけど退去してくれるなら仕方ないとの思いで渋々OKしました。

(この件は、契約書に造作買取請求権は無効にする旨があったので、後日管理会社よりお断りの連絡がいきました)

 

続きます