ヤングリタイアへの道

経済的自由人を目指す、しがないサラリーマン大家の孤軍奮闘記

所有物件を見てきました

こんばんは、桃太郎大家です。

 

 

先日、僕がバルクで所有している物件を初めて見てきました。

 

 

バルクとは、マンション一棟のうち何部屋だけかを所有することです。

 

 

実はこの物件、購入したの数年前なんです。

 

 

不動産屋さんいわく、自分が持っている物件を生で見たことがない大家さんは結構いるらしく。

 

 

自分だけかと思ってたので、驚くと同時にホッとしたのも事実です😅

 

 

で、なんでこのタイミングで見に行ったのかと言いますと…

 

 

そのうちの一部屋が、ここ1年強入居者が決まってないんです。

 

 

1年は長いですよ、ええ。

 

 

なぜなんだ?なんでそんなに長いこと空室なんだ?

 

 

何か致命的な要因があるのでは?

 

 

という気持ちと、前々から見に行かなきゃという思いがあり、たまたま用事が無く連休だったので、足を運んだ次第です。

 

 

 

で、見てきた感想ですが、意外と普通で特別どこか悪い訳でもなかったです。

 

 

いつもお世話になっている管理会社の不動産屋さんの方も付き添ってくれたのですが、その方と話していてやはりADが重要みたいですね。

 

 

ADとは広告料のことで、賃貸募集をかける不動産屋さんに対して僕たち大家が払う、いわばチップのようなものです(例え方合ってるかな)

 

 

これがあるのと無いのでは、入居率もだいぶ変わってきます。

 

 

実はその部屋、すでに1ヶ月分のADをかけているのですが、もっと増やした方が良いというので、それに従うことにしました。

 

 

どうもADにも相場があるみたいで…😳

 

 

早く入居者が決まるといいな。