ヤングリタイアへの道

某インフラ企業でサラリーマンをしながら、密かに経済的自由人を目指す不動産経営者です。関東近郊の中古アパート・戸建・区分マンションを所有し、家賃年収は2000万円を突破。

宅建合格!

ついに!

宅建試験に合格できました!

f:id:yanguritaia:20191205162817j:image

この瞬間を、何度夢見たことか。

昨年の、2点足りずに不合格という悔しさを晴らすことができて、感無量です。

 

人生でこんなに勉強したのは、受験勉強以来です。

いや、もしかしたら今までで1番かも…?

仕事中も、暇さえあればやってましたから。

 

まぁでも、この後も登録実務講習やらあるのでまた少しお勉強タイムに戻ることになりそうです。

合格したから終わりではなくて、ここからがスタートですね〜

イチローさんに学ぶ、成功哲学

今日は、不動産とは直接関係ない話を少し。

 

今年の3月に引退発表をしたイチローさんが、会見での宣言通り草野球チームで試合を行ったというニュースがありました。

「えっ ほんとにやるんだ!」と思いましたし、

打っては4打数3安打、投げては131球 16奪三振の大活躍だったみたいです。

さすがイチローさんですよね。

 

イチローさんについては、現役で活躍していた頃はそこまで大ファンという訳ではなかったのですが、動向には興味がありました。

記憶に新しいのは、2009年のWBCです。

決勝まで進んだ日本チームにおいて、いまいち調子の上がらなかったイチローさんですが、決勝戦で勝利の一打を放ったんですね。

テレビで試合を観ていた私は、テンションが上がって1人で声を上げていたのを覚えています笑

 

そして、今年3月の引退会見。

「何かを成し得た者」にしか見ること、感じることができないモノを、我々に伝えてくれました。

会見の様子は、YouTubeにアップされたものがあるので興味がある方はご覧になってみて下さい。

会見で彼が語った言葉のうち、今の私に特に響くものをご紹介。

 

“成功すると思うからやってみたい。

それができないと思うから行かない。

という判断基準では、後悔を生むだろうなという風に思います。

やりたいならやってみればいい。

出来ると思うからいく、挑戦するのではなくて、やりたいと思えば、挑戦すればいい。

その時に、どんな結果が出ようとも後悔はないと思うんですよね。“

宅建合格発表まで、いよいよあと1週間!

桃太郎大家こと、黒崎です。

いよいよ、あと1週間で宅建試験の合否がわかりますね!

いろんなサイトを見てると、今年は36点がボーダー最有力のようです。

僕は、自己採点では38点でしたので恐らく大丈夫かなと。

 

最近、今後の人生について考える時間が多いです。

今の僕が進んでいきたい道は、宅建受かったら諸々の手続きをしてすぐに開業、なのですがそうも簡単にはいきません。

 

開業資金は大丈夫か。

事務所はどうする。

賃貸でいくか売買でいくか。

新しい家族を迎えそう、なのに安定した今のサラリーマン生活を簡単に手放すのか。

不動産収入があるとは言え、まだまだ中途半端な額。

などなど…。

 

中でも業界どころか、営業という業種自体が未経験という部分に大きな不安を感じます。

色々な協会でサポートがあるようですが、果たして大丈夫だろうか。

 

やはり、不動産業界に転職して体で覚えるべきか。

ブラックなイメージのある業界に。。

 

同じような悩みを抱えてる方、いますかね?

脱税で逮捕されてしまいました

不動産会社「わひこ」の経営者である、金井和彦さんが。

詳しくはよくわかりませんが、経営する4社で総額1.2億円を脱税したようです。

 

実は私、この方と面識がありまして。

というのも、不動産投資を始めたばかりの頃に一対一で軽くコンサルタントを受けたことがあるんです。

向こうは私のことなんて覚えていないでしょうが、私はその時のことをよ〜く記憶しています。

 

超上から目線で散々ディスられた挙句、最後はニヤニヤしながら「ちょっと言い過ぎたかな?」の決めゼリフ。。

正直、ちょっと怖かったです。笑

 

そのコンサルタントも、金井さんが出版されていた「不動産投資の始め方が、よ〜くわかる本」という書籍を読んだ上で、その本に書いてあった連絡先からわざわざコンタクトを取ったのですがね。。

(その本自体は、かなり良書だったと記憶しています。)

 

最近、某お笑い芸人の方も脱税で活動自粛となりましたね。

彼の場合は故意じゃなかったと言ってますが、たくさん儲かると脱税したくなってしまうのでしょうか?

 

我々も気をつけたいですね!

民泊、始めました

どうも。桃太郎大家こと黒崎マコトです。

実は、今月より都内で民泊経営を開始しました。

形態としては、マンションの1部屋を転貸し、運営管理は業者が全て代行するものとなっています。

 

民泊については、セミナーなどである程度知識は習得していましたが、リアルなところは何もわからなかったのでだいぶ不安がある中での契約でした。

しかも、宅建の勉強中の契約だったので精神的にも結構キツイものがありました(苦笑)

 

…と、始める前はドキドキでしたが今月に入って早速1件申込みが入り、次の予約まで入ってます。

上々の滑り出し、といった所でしょうか。

宅建試験から数日が経ち、少し落ち着いてきました

皆さんこんにちは。

宅建試験から数日が経ち、だいぶ日常を取り戻したように感じます。

日常と言っても、ここ1〜2年は宅建の勉強ばかりしていたので、勉強してない時って何やってたっけな?

と半ば思い出すようにしながら、日々を送っています。

 

と同時に、少し気が早い気もしますが、無事に合格し登録を済ませ、取引士証をもらった後のことも考えています。

以前より、このブログでもお伝えしていますが私のやりたいことの1つに「不動産屋の開業」というものがあり、宅建取得を目指したのもそれが理由ですから。

 

ただ、色々調べていると、他会社の正社員として働きながらだと専任の宅建士とは認められないらしく、はてどうしようかと考えております。。

オーナー歴かつ賃料収入があるとは言え、不動産業の実務未経験でいきなり今の会社を辞めて独立するのは、さすがの私と言え勇気がいります。

どこかの不動産屋でバイトでもしようかな。

宅建リベンジ

皆さんお久しぶりです。

昨日は、人生で2度目の宅建試験でした。

まずは、私と同じように受験された方々、本当にお疲れ様でした。

 

去年は、あと2点足りなくて不合格だったので、悔しくて悔しくて。

どうしても今年は受かりたくて、リベンジしてきました。

某塾にも通いましたし、毎日毎日、それこそ仕事中でも宅建の勉強してました。

 

そして、自己採点の結果は…

現時点では、各団体が発表している合格予想ラインより上に位置しています!

やったー!!

 

とは、素直に喜べません。

まだ、何があるかわからないので。。

やはり、12月4日までは心の底から喜べない感じですかね。